ジョニーデップの奥さん、アンバーハードです!

 アンバーハードは一時期ラムダイアリーで共演していたジョニーデップと交際していたことでも有名な女優です。一時的に別れ、女性モデルの方とつきあっていたものの、結局はジョニーデップと結婚し今に至ります。そんなアンバーハードについてこのページでは詳しく紹介していきます。

生い立ち

 彼女は昭和61年4月22日、アメリカ/テキサス州オースティンで生まれ、17歳で高校を退学し、最初はニューヨークでモデルとして活躍しておりました。しかし、それに挫折するやいなや、ロサンゼルスで女優を目指し活動を始めました。最初はテレビドラマの端役を演じていたものの、『プライド 栄光への絆』にて映画デビューを果たしました。その後はホラー映画である『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』で主演をつとめ、次第にその演技力を認められていきます。平成17年の『スタンドアップ』ではシャーリーズ・セロン扮する主人公の若い頃を熱演、さらに『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』、『スモーキング・ハイ』等に出演して徐々に米国内での注目されていきました。またニコラス・ケイジの主演作である『ドライブ・アングリー3D』ではヒロイン役を務め、これも非常に好評を得ておりました。その後平成24年には『ラム・ダイアリー』で、ジョニー・デップと共演し、これを起因として彼との交際がスタートしたそうです。しかし、前述したとおり、彼女自体がバイセクシャルであるという事もあってか、一時的に疎遠となり、彼女は別の女性モデルの人とつきあい始めます。その後、平成26年には再びジョニーデップと婚約することとなりましたが、非常に気まぐれかつ行動的な女性であることから、今後どうなるのかは全く想像が出来ません。

映画

  • 2005年 セクシー・ボディ・スナッチャーズ Drop Dead Sexy キャンディ
  • 2005年 スタンドアップ North Country ジョージー・エイムズ(青年期)
  • 2006年 アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン Alpha Dog アルマ
  • 2006年 マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生 All the Boys Love Mandy Lane マンディ・レイン
  • 2008年 ネバー・バックダウン Never Back Down バハ・ミラー
  • 2008年 スモーキング・ハイ Pineapple Express アンジー・アンダーソン
  • 2008年 インフォーマーズ セックスと偽りの日々 The Informers クリスティ
  • 2009年 幸せがおカネで買えるワケ The Joneses ジェン・ジョーンズ
  • 2009年 ゾンビランド Zombieland 406号室の女の人
  • 2009年 ステップファーザー 殺人鬼の棲む家 The Stepfather ケリー・ポーター
  • 2010年 イン・ザ・ダークネス And Soon the Darkness ステファニー 共同プロデューサー
  • 2010年 ザ・ウォード/監禁病棟 The Ward クリステン
  • 2011年 ドライブ・アングリー3D Drive Angry 3D パイパー
  • 2011年 ラム・ダイアリー The Rum Diary チェナット
  • 2013年 パワー・ゲーム Paranoia エマ・ジェニングス
  • 2013年 マイ・デンジャラス・ビューティー Syrup シックス
  • 2013年 マチェーテ・キルズ Machete Kills ミス・サン・アントニオ
  • 2014年 ラストミッション 3 Days to Kill ヴィヴィ
  • 2015年 マジック・マイク XXL Magic Mike XXL ゾーイ

テレビ

  • 2005年 The O.C. The O.C. 売り子 1エピソード
  • 2006年 クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds リア・アーチャー 1エピソード
  • 2007年 カリフォルニケーション Californication アンバー 1エピソード
  • 2011年 トップ・ギア Top Gear 本人 1エピソード

彼女の出演したオススメ作品

 やはりオススメしたいのは、ゾンビランドでしょう。これは本当に良い映画です。ゾンビ映画の中では一、二を争う面白い映画だと思います。また、マチェーテ・キルズなども非常にオススメです。これは偽の予告編を作ったはずが知らない間に本編が出来上がってた「マチェーテ」の続編で、マチェーテ本編内で、偽物の続編予告を出したところ、なぜか続編を本当に作ることになってしまったという代物なのですが、まさにインパクトの塊といった感じの映画で、ダニー・トレホという非常に顔の濃い俳優がマチェーテを振り回すマチェーテ役を演じ、もうなんだかよくわからないけれど、凄い勢いでお話が進んでいくので、そんな勢いに乗せられるのが好きな人は是非、このマチェーテキルズもみて欲しいと思います。