マッチングアプリに潜む危険。邪魔な業者の種類と対策

マッチングアプリのコツ

マッチングアプリは手頃で時間効率もいいですし、恋活・婚活には欠かせないものです。
ですが、ネットで直接会わずに手軽に利用できる分、出会い目的ではない悪質や利用者も存在します。

ということで、マッチングアプリにいる業者の種類と、対策方法を紹介します。

援デリ

援デリとは違法に営業をおこなっている風俗店のことをさします。
店舗を持たず、アパートの一室や、ホテルで営業しており、集客は出会い系サイトでおこなわれます。
お金はいらないからと騙して誘い出すケースもあります。

出会い系サイト内の写真通りの人が来る事はまず無く、サービスも酷いものなのだとか。

利用をすると、風営法違反の幇助になります。

無料出会い系サイトや、ポイント制マッチングサービスに多く、月額制のマッチングアプリでは排除され見かける事は滅多にありせん。

メルレ(サクラ)

通称キャッシュバッカーといい、有料のポイント制マッチングサービスに多くいます。

ポイント制マッチングサービスの多くで、女性会員は男性とやり取りすればするほど、換金できるポイントが貰えるサービスをおこなっているので、このポイント目当てのユーザーが存在するのです。

 

月額制のアプリですと、男性と沢山やり取りさせるメリットは運営側にないので、キャッシュバックシステムを採用していません。
なので、出会うために使うなら月額制一択ですね。

登録業者

このマッチングサービスはやめるので、「このサイトで話しませんか?」と誘導する業者です。

ほかの違法出会い系サイトに登録させ、高い登録料や個人情報の取得を目的としています。
動画サイトに登録させるアフィリエイターも存在します。

 

無料の出会い系で非常に多いです。
ポイント制マッチングサービスではたまに見かけるくらい。
月額制マッチングアプリではほぼ見かけません。

美人局(つつもたせ)

人の女に手を出したな!と男性が出てきて恐喝する犯罪行為です。

過去のニュースをみると犯罪パターンがあり、無料の出会い系サイトで、援助交際の呼びかけでターゲットを探しているようです。

集団犯罪ですので、スケジュールからかすぐに会いたがりますし、場所も指定してきます。

なので、じっくり交流し、相手の指定する場所で会わないようにすれば問題ありません。

マルチ商法・宗教勧誘

会うと、空気清浄機や、浄水器、サプリメントなどを売りつけようとしてきます。

相手はビジネス成果が欲しいので、なるべく早く会おうとしてくるので、じっくり会うようにすればリスクを減らせます。

残念ながら、マルチ商法をおこなうのは一般人ですのでマッチングアプリ側も判別が難しく、すべてのマッチングサービスに潜んでいるリスクがあります。

業者を極力避ける方法

マッチングサービスによく見られる悪質業者の数々を紹介しましたが、彼らとのやり取りや判別に時間を使っていれば、恋活・婚活の歩みを遅くしてしまいます。
なので、上手に避ける工夫が必要です。

 

まず、美人局は無料の出会い系を使わなければ大丈夫です。

そして、援デリや、メルレ、登録業者は、ポイント制のマッチングアプリを使わなければ避けることが出来ます。

 

つまり、インターネット異性紹介事業の認可をうけたまともな会社が運営する月額制のマッチングアプリの利用が1番の業者避けとなります。

 

ですが、それでも避けられないのがマルチ商法です。
彼らは一般会員のフリをして、会った後に商品を勧めてくることもあるのです。

なるべく、直ぐには会わないようにすれば避けられますが、カフェなので勧誘されたらいつでも逃げられるよう準備をしていた方が良いかと思います。

また、プロフィールにマルチ商法はお断りと書いておくのも手ですね。

 

「30代・40代におすすめのマッチングアプリ!僕が婚活で使ったガチなアプリ厳選」では、この手の業者が少ない優良な月額制マッチングアプリのみを紹介しています。

 

 
30代・40代におすすめのマッチングアプリ!
僕が婚活で使ったガチなアプリ厳選