マッチングアプリのウケのいいプロフィール写真の撮り方

マッチングアプリ

マッチングアプリで出会うためには、写真は必須になります。
人間は視覚からえる情報を重視しますし、印象に残るのもやはり写真ですから、プロフ写真を載せないと覚えてもらえないし勝負にもならないのです。

タップルなどは、写真を載せないと「いいかも!」すら出来ない仕様です。
では、どんな写真を載せればいいのか解説していきます。

顔が良くなくても写真は載せた方がいい

顔には自信がない。という人でも顔は載せた方が出会えます。
「婚活ではマッチングアプリのプロフィールに何て書いたらいい?」でもお話ししていますが、婚活・恋活では、意外と、ルックスは求められませんので、その人の最低基準をクリアしていればOKです。

ですが、ルックスが重視されていないからといって顔を載せなくてもいいわけではなく、顔を載せなければサイト内で認知すらしてもらえず優先順位が低くなってしまいますし、相手の好感度も上がりづらいです。

そして、結局会うときには顔を見せることになりますから、会ってお断りされたら傷つきますし時間の無駄になります。
相手に認知されるという意味でも、時間を無駄にしなためにも顔写真は必須なのです。

載せてはいけないプロフ写真の例

良い写真を載せるには、悪い写真を載せないように気をつけるのが1番の近道ですので、NGな写真から紹介していきます。
基本的に、自分が相手のプロフィールを見たときに載っていたら嫌だなと思う写真はNGです。

不自然な自撮り

目だけのアップであったり、
顔の半分しか写っていなかったり、
光が強く当たっていたり、
マスクをしていたり、
顔の一部を手で隠している、など
「何かを隠したがっている写真」は受けがよくありません。

 

コンプレックスを隠したい気持ちは分かりますが、相手にはバレバレですし、不自然で違和感を感じます。

真顔の正面撮り

男性に多いNG写真ですが、真顔で真正面をむいた写真はどんな美男美女でも微妙に写ってしまいます。

少し微笑んだり、角度をつけて撮ると良く見えるようになりますよ。

加工もりもりの写真

肌が陶器のようにのっぺりしていたり、頬はぽっちゃりしているのに顎はカマキリのようにとがっていたり、Snowの宇宙人のような目になる明らかな加工写真は受けが悪いです。

中には、見るだけで不快に感じるような加工(Snowの変顔シリーズ)の方もいますよね。

当然ですが、過度な加工は会った時に相手をがっかりさせるだけです。
加工はほどほどにしておきましょう。

良い写真のポイント

NGな写真をさければ、おのずと良い写真になりますが、以下の点を抑えるとより良い写真になります。

軽く表情を作る

マッチングアプリのプロフィール写真はチャット画面のアイコンとして表示されます。

笑顔の力ってすごくて、相手に好感を抱かせやすいんですよ。
逆に、真顔は怖がらせてしまうんですけど。

なので、常にアイコンとして表示されるプロフィール写真では、笑顔を作るように心がけましょう。
にっこり笑顔でも、ほんのり微笑んだ写真でもかまいません。

顔や体型がはっきり分かる

マッチングアプリで相手がどんな見た目なのか1番気になるところだと思います。

顔全体や体型が分かるような写真を心がけると、相手もメッセージを送りやすくなります。

自撮りより少し遠い距離からの写真は返信率もいいように感じます。

他人撮りの自然な写真が1番良い?

よく、友人が撮った自然な写真が1番受けがいい。
なんて書いてあるWebメディアもらありますが、そこまで他人撮りを気にする必要はないと思います。

他人撮りで映りがいい写真なんてそうそうありませんから。

 

では、良い写真は何かというと、自分が相手の写真を見る時に重視するポイントを抑えている写真を意識すると良いと思います。

繰り返しになりますが、はっきり顔が分かり、体型がわかる写真などですね。

 

自撮りであっても、3脚や、セルフタイマーや、遠隔スイッチを使うと、第三者視点さら見たとおりの自分の写真を撮りやすいです。

しかも、撮り直しがきくので、他撮りより盛れる写真が用意できます。

 

ほかに、鏡撮りを良くないと書いているメディアもありますが、複数枚載せる写真の1枚なら体型も分かりやすいですし、むしろよいです。

Webメディアはいい加減に書かれているものも多いですから、
自分だったらどんな写真の人に惹かれやすいか。または引いてしまうか。を意識して写真を撮ると良いかと思います。