マッチングアプリで邪魔なメルレ(サクラ)の避け方

マッチングアプリ

マッチングアプリでメルレ(メールレディー)というものがいます。
メルレとは、簡単に説明すると昔で言うサクラ。
のらりくらりとメッセージポイントだけ消費させて会える事ができない詐欺みたいなものです。

 

このサクラをマッチングサービス運営会社が雇うと詐欺で検挙されてしまうので、個人の女性に報酬を払う形でサクラをして貰うのがメルレです。
個人だから会う意思は本人次第。だから詐欺じゃありません。という理屈で法をすり抜けているようです。
まあ、もしかしたら個人でも会う意思がないと立証できれば逮捕はあるかもしれないけど厳しいでしょうね。

 

男からしたら詐欺とかわりませんしメルレをする女性のモラルを疑いますが、悪い人はどこにでもいますから自分で避けるしかありません。

メルレの実態

ツイッターを「#メルレ」で検索すると実態がよく分かる。

こんな風に晒しは当たり前。
メルレは、あらたなメルレを紹介するのが一番儲かるのか、副業紹介のアカウントで溢れています。
基本的に、出会い系やマッチングアプリでは無く、ライブチャットが稼げるみたい。

マッチングアプリから、ビデオチャットに誘導している人も。

悪気がある人はおらず、自分はサービスを提供している側で偉いと豪語している人もいます。w
出会い目的のアプリじゃないのならそれも言えるのですが、男性側のアプリは婚活・合コンが苦手な方に!など出会いを連想させることが書いてあり騙しているのと一緒です。

ビデオチャットは使わない

ビデオチャットアプリは間違いなく、メルレの巣窟です。

女性側のアプリ名だと、モア、マシェリ、ベリー、モコムなど

男性側のアプリ名は、推測ができるもののハッキリとは言えないのでブログに書くのはさすがに控えます。
ビデオチャットや出会い系でアプリ検索すると出てくるアプリかと思われます。

 

でも、上のツイッターでも分かる通り、ビデオチャットではない普通のマッチングアプリでもメルレは潜んでいます。
続いて、マッチングアプリにいるメルレの見破り方を紹介です。

相手のプロフィールで分かる

相手のプロフィールに、

100%返事をします。
誰でも返事します。

と書いてあればメルレです。
女性はメッセージがたくさん来るので、誰でも返事をするなんて不可能です。
返ってくるのは、次の項目に該当するメッセージだけです。

メッセージでも判別可能

「あしあとありがと」、「うん」、「それな」、「どもー」、「こんにちは」
短文のメッセージの人はメルレです。
報酬は、メッセージの往復回数で貰えるので、時間がかかる長文は打ってきません。

いきなり、「こんにちはー」、「はろー」などメッセージが来ることがあると思いますが、それはメルレ用語でアタメ(アタックメール)と呼ばれているものです。
アプリによっては、男性ユーザーに一括送信できるみたいですよ。

 

また、句読点すらついていない人が多いですが、中には顔文字を付けてくる人がいます(*´ω`)
ですが、大体1種類の顔文字しかつかってこないため不自然(*´ω`)
気を付けて下さい(*´ω`)

メルレお断りとプロフに書く

上、二つの特徴を避ければメルレは避けられますが、プロフィールにメルレお断りと書くだけで抑止力になります。
それでも、メッセージを送ってくるのがメルレですが、メルレと思われる足跡の半分はこれでメッセージを送ってこなくなります。
メルレの存在をしっているユーザーに送っても時間のムダですから。

メルレのいるマッチングアプリを使わない

一番簡単な方法は、メルレのいないマッチングアプリを使う事です。
女性に報酬を払っていないアプリです。

上にあげた、ビデオチャットが一番危険ですが、ポイント制のマッチングアプリにも少しメルレがいます。
女性に払っている報酬は、ビデオチャットと比べると大分少ないので数はいないようですが。

 

女性に報酬を払っているポイント制アプリを上げると、
イククル、ワクワクメール、ハッピーメール、Jメール、asobo、メルパラ、デジカフェなど。

 

どれも、昔からあるマッチングサービスです。
昔は、SNSも発達していなくて、知る人ぞ知るという感じの副業でしたが今は全部筒抜けです。
そのため、新しいマッチングアプリはメルレを採用していません。

タップルやペアーズなどの月額制アプリを使うのが一番でしょう。